読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝井リョウ① 「何者」「スペードの3」

朝井リョウの小説は、最初の内なかなか読み進めるのが難しい。数ページ読んでは、本を閉じ、また数ページ読んでは閉じる。なので、まず三分の一くらい読むのに、数日かかってしまう。しかし、その最初の苦行を越えると、あとは一気に読むことができる。彼は…