読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョゼと虎と魚たち

日本 2003年

監督:犬童一心

出演:妻夫木聡池脇千鶴

※ネタバレあり

 

生まれつき足が不自由で歩くことのできない女の子と
大学生とのラブストーリー、ではあるのだが
よくある難病物のかわいそうな女の子の話ではない。

女の子は、歩くことができず、貧乏長屋に祖母と二人暮らしだ。
だから、でかけることもあまりなく、拾った本とテレビでしか、世の中のことを知らない。で、たまたま読んだサガンの小説の主人公が気に入り自分のことをジョゼと呼んでいる。
ちょっと、変わっているのだ。
顔は人並み以上にかわいく、自分でもそのことは知っている。
しかし、境遇が境遇なだけに、だからどうなるものでもない、ということも知っている。そして、夢を持つことを注意深くさけながら暮らしていたのだ。

しかし、そこに現れる、ちょっとちゃらんぽらんな大学生、恒夫。
恒夫は、このちょっと変わったジョゼが気になり、恋に落ちる。

そして、祖母がなくなったことをきっかけに、二人は一緒に暮らし始める。
ジョゼの目を通して見る世界は全てが新鮮だ。
タイトルにもなっている、動物園に虎を見に行くシーン。
ジョゼは、虎が死ぬほど怖いという。そして好きな男ができたら見に来ようと思っていたと。なぜなら、虎がいくら怖くても、そばに好きな男の人がいれば耐えられるから。

このままごとのような世界は、しかし、常に終わりを意識した世界でもある。
ジョゼにとっても、恒夫にとっても。
いつまで続くかは、分からない、というか、いつかは終わるだろうことを
あえて考えないようにした、こわれもののような世界だ。

しばらく後、既に就職もしている恒夫は、そろそろどうにかしないとと考え始める。そして、ジョゼを実家つれていくつもりで出かけるのだが結局ふんぎりをつけることができずに、ジョゼは、それを当たり前のこととして受け入れる。
それは、最初で最後のふたりだけの旅行になり、
終わりの予兆を感じながら、無邪気にはしゃぐ二人の姿は美しくも痛々しい。

そして、二人の恋は終わり、恒夫はジョゼの家をでていく。
しばらくして、ジョゼが原付タイプのクルマ椅子にのり買い物に出かけていくシーンになる。格好も、前より大人っぽくきちんとしている。そして家にもどり、一人前のご飯を作る。と、ジョゼが独り立ちをし始めたところで映画は終わる。

ああ、だから、これは、特殊な状況にある男女のラブストーリーではなく
恋という魔法が解けて、大人への階段をのぼった、ひとりの女の子の話だったんだと、気づく。

キャストは、池脇千鶴妻夫木聡
なんとっても、池脇千鶴がいい。彼女のための映画といってもいいくらい。