読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーシュランド

2014年 スペイン
 
監督:アルベルト・ロドリゲス
出演:ラウール・アレバロ、ハピエル・ゲティエレス
 
※ネタバレ有り
 
非常によくできた、しかし、後味の悪い映画であった。
 
舞台は、フランコ独裁体制が終わって間もない1980年のスペインの田舎町。
二人の少女の惨殺事件を追う二人の刑事、ペドロとフアンが主人公。
ペドロは正義感が強くフアンは経験豊富な強者だ。
少女の遺体には、凄惨な拷問による損傷が有り、
変質的な残忍さがうかがわれる。
やがて他の少女も犠牲になっていることが明らかになり
連続事件であることが分かってくる。
 
それを追う二人の前に、現れる数々の断片。
スクリューに切断された足首だけの死体、麻薬の密売、妖しげな占い師、
町の有力者も関与しているらしい少女姦淫。
淀んだ田舎町から逃げ出したいと考える少女たちと
そこにつけこむ少女嗜好者。
 
二人は、やがて一人の男を見つけ、
湿地帯での大捕物のすえ、犯人を殺し事件は解決を見る。
 
その手柄により、ペドロはマドリードへと栄転する事が決まり、
フアンは自分のことのようにそれを喜ぶ。
しかし、祝うために繰り出したバーで、情報を得ていた記者がペドロにある事実を告げる。二人の少女のレイプ現場を撮影した写真には、ある男が映っていたのだが、結局顔は判別できなかったと。しかし、その男の腕には相棒のフアンと同じ腕時計が。そして、追い打ちをかけるように、フアンは、フランコ独裁政権の秘密警察でカラスと恐れられた人間であり、100人以上を殺し、拷問が得意だったと。
 
事件の直接的な実行犯は死んだが、その黒幕は
実はフアンだったのでは、というところで話は終わる。
 
この映画を観て、最初に思いだしたのは
ツインピークスの町には、なにか人間の力の及ばない絶対的な悪があり、
それにとりつかれたように殺人が起こるのだが、
最後には、FBIのクーパー捜査官もそれに取り込まれてしまう
という、こちらもなかなか後味の悪い話だった。
この映画にも、そんな悪の気配が立ちこめている。
 
タイトルのマーシュランドとは、湿地帯のこと。
映画全体が、湿地帯から立ち上る瘴気に覆われているようでもあるが、
それはまた、人智の及ばない悪のようでもある。
映画では、黒幕はフアンであると明確にはしないが、
その悪にとりこまれた人間は、フアンだけでなく町の有力者もそうかもしれず、
おそらく、それは長きにわたりスペインを独裁支配したフランコ政権そのもの
淀みでもあるのではないだろうか。
 
その歴史を共有していないので、想像するしかないが
スペインの人たちが観たら、きっと日本人の我々が観るよりも
もっと真に迫るサムシングがあるのではないかと思う。
 
スペインの映画賞を総なめにしたというのもうなづける出来映え。
後味は悪いが、いい映画です。