読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーマネント野ばら

2010年 日本
監督:吉田大八
 
 
いやあ、油断してました。
まさか、あんなラストが待っていようとは。
 
何の予備知識もなしに見始め
正直、途中まで、なんかどうでもいいような話だなあと適当に流していた。
小池栄子が、若いなあとか、池脇千鶴はやっぱりいいなあとか、
田舎で幸せを求めてあがく女性をあたたかく見守った
少しファンキーな脱力系のコメディかと思ってました。
 
話は、実家の美容院「パーマネント野ばら」に子連れで出戻ってきた
なおこ(菅野美穂)とその友達や町の人たちを描く群像劇。
なおこは、教師をしているかしまと付きあっているが、
かしまは、のらりくらりとして、何を考えているのか、よく分からない。
友達のともちゃん(池脇千鶴)は、男運が悪く、
やっと見つけた暴力をふるわない旦那もギャンブルにはまり、失踪したあげくのたれ死ぬ。
みっちゃん(小池栄子)は、フィリピンパブのママさん、
だが旦那は店の女の子と浮気を繰り返している。
そして、ろくな男がいないと愚痴をこぼす、町のおばちゃんたち。
町に1軒の美容院野ばらは、そんな女たちのたまり場だ。
 
ここには、幸せな人間なんかひとりもいない。
ただみんながそんな境遇に負けまいと、たくましく、笑いながら暮らしている。
そこでのおもしろおかしいエピソードを積み重ねながら
女性が誰でも持っている切ない恋心と、
しあわせになろうともがく姿を描いていく。
 
そして、ラストの大どんでん返し。
いままで、明るく輝いていた裏側の闇が、どろっと溢れ出てくる。
え、そういう話だったんだ、と。
でも、その溢れ出した闇も世界を覆う訳ではない。
誰だって闇のひとつやふたつは抱えているんだし、
世界は、あいかわらず、おばちゃんたちのたくましさに支えられている。
 
ついでに原作のマンガも読んでみたが
マンガの方が、もっとファンキーでディープな世界でした。